ローグ・ワン 見てきました

SF物が好きなので公開日によく行く映画。
スター・トレックに続きローグ・ワンも公開日の今日
行ってきました。アナザーストーリーなので正規のカウントには
入っていませんが、エピソード4の前までということなので3.5かな。

しかしアニメ版にも3と4の間の話が有るのでどうかなと言う感じでしたが
数字で言うとエピソード3.9がいい感じです。

見る前の予想は最後にレイア姫がデス・スターの設計図を受け取って
終わるのかな?それまでの話がストーリーかなと思っていた。
ま、誰でもそう思うよね、しかしその前までの本来のローグ・ワンの
エンディングが予想外だった。

犠牲者が多すぎ。ネタバレになるので言わないが、まあ続きがないので
やはりあんな感じになる。

C-3POやR2-D2も少しだけど見れます。



スポンサーサイト

アフィリエイト2

アフィリエイトを始めたがまずASPに登録する。
口座は用意したし、ASP登録用のブログもここで始めたし。
という感じでASP登録を完了。一つだけでなく何箇所でも
同じブログで登録できる。

ブログは10日間分位あれば通る。自分みたいに全く写真が
無くても通ったが有れば間違いない。

後はブログに載せるための提供先をさがすのだが、これが
かなり大変。色々考えないとイケナイが、ブログに合っていないと
ダメだ。

文章は自分の言葉で行くしかない。

ここでまた何本か読んでいるメルマガの力を借りたりして進めた。
とにかく自分でまず調べてみるそして分からないとは聞いてみる。

そしてスグには結果はでないので続けること。

アフィリエイト1

アフィリエイトを始めたが何からすれば良いのか?
とにかくカネがないので無料で行けるところまでやるしか無い。

そう考えてまずは小銭を稼ぎそれを軍資金にしてステップUPを
図ろう。一番初めにやったのカード作りと口座作り。

ただカードを作るのではなくポイントをゲットする。口座のときも
ポイントをゲットする。最初に楽天カードを申し込みました。
ゆうちょ銀行にも申し込みました。まだ準備段階なので資金も
有りませんが、ここまではただです。

次に色々なホームページを見まくりました。簡単に言うと、
お金稼ぎのサイトは沢山ありますが、自分に有ったものをまず
探しました。それだけでも何日もかかりました。

メルマガに何件も登録しました。もちろんすべてが自分にあっている訳では
ないです。でも何件の中から情報を集めて整理してから始めました。

とにかくすぐには結果はでないということがわかった。
何ヶ月かかるか分からないが続けることが大事だ。

1989年から

何かこの頃からは惰性ですべてが進んでいるかんじで
すべてがマンネリ化していた感じがする。

TV,カメラ、オーディオ。
仕事にも疲れていたのかもしれない。
ただ家を出て仕事をして帰るのみ。

楽しみはTVをみるのみという感じだったので
人生のスランプだったのかな。

今から思えば単なる通過点だけども、
結局この後結婚して小遣いがへり、だんだんと
何もできなくなっていく。

そして現在もうからだの方もがたがたになり
かなり動けなくなりこうして昔を振り返る時間ができた。

この後何年いけるかわからないが
そろそろ自分の時間を生きたいと思う。

1988年

1987年から1988年の掛けては聖子、いや明菜の時代かな。
まだおニャン子のソロ組もいたけど(工藤静香とか)しかし
女性アイドルの全盛期には違いない。

TOSHI、マッチ、少年隊などもいたけど、、。
正直女性アイドルしか興味がなかった。
しかしそんな俺でも気にしないわけにはいかないグループが
出てきた。

光GENJI。

いま思い出してもすごかった。
デビュー曲のSTAR LIGHT、まさにアイドル全開の凄いスピード感
が良かったが今はもう掛からないのかな?作詞、作曲者の問題で。

とにかくガラスの十代の頃はメチャクチャ人気がありTVでに
かなり出てる感じで何だこいつらみたいな感じだった。

1987年

おニャン子クラブの人気ももう終わりの1987年。この頃は
TVで見るのがまだ全盛、その中でもシングルを買い続けているのが
聖子、明菜、キョンキョンとかに加えて斎藤由貴と南野陽子の
スケバン刑事つながりでした。

木曜日PM7:30。今はまず無い時間のスタートですが欠かさず見ていた。
会社から帰るのが残業なしで7:00頃なのでちょうどいい。

一応ビデオで予約はしていたが当然見ては消すのパターンが当たり前。
やはり残ってはいなかったので記憶のみしか無いけど。

その後スケバン刑事Ⅲで浅香唯がブレイク、自分は中村由真だった。
他の二人はほとんど見ていなかった。

タイプがワンパターンですな。

次の少女コマンドーIZUMIはなんかあまりにも飛躍しすぎてついていけなかった。
タイプでもなかったし、しかしここでシリーズ終わりで見なくなった。

一番欠かさず見ていた太陽にほえろ!Part2も終わり。
大映ドラマにはまっていた。この年はこのこ誰の子?の杉浦幸(ヤヌスの鏡が
最高)アリエスの乙女たちのナンノ、そして個人的に一番好きなプロゴルファー祈子。
今でも一番見たいドラマです。


50代サラリーマン ブログランキングへ

桃子と有希子パート2(END)

1984年は有希子の年、吉川晃司や荻野目洋子などを抑えて
新人賞総なめ。1985年もおニャン子クラブ全盛期だけど
何か輝いていた。出した4曲とも良かった。中でも一番は
哀しい予感だった。次の曲のLove Fairもマーマー好き。

桃子の方はもう逢えないかもしれないがすきだ。

そして運命の1986年くちびるNetwork発売。
凄くいい曲でついにオリコン1位を獲得する。
当時ラジオ番組をやっていて苦労して聞いていた。

夜遊びしナイト!ラジカセで毎週録音していた。
急に最終回になる4月6日の放送で初めて聞いた次の新曲
花のイマージュもナカナカ好きでこれは間違いなく連続1位
と思ったら、まさかの4月8日の事件?で急死ということに。

じぶんは会社からの帰りのバスの中でニュースで知り本当か?
と思ったのを覚えている。家までの1時間半のことを覚えていない。

結局花のイマージュは発売中止になりこのラジオ番組の録音した
テープでしか聞けなくなった。毎週録音していたので結構記念に
残してあるがそのうち探し出してデジタル化しようと思っている。

桃子もその後はSay Yes!やアイドルを探せなどのヒット曲を
出すけど結局12曲で桃子としては最後のシングルになった。

次書く時は1987年のヒストリーからです。

50代サラリーマン ブログランキングへ

桃子と有希子パート1

菊池桃子は青春のいじわる、岡田有希子はファースト・デイトでデビュー。
正直、二人共正統派アイドル。結局じぶんは両方共シングルを買い続けている。
好みはルックスは少し桃子派で曲は有希子派でした。前半は。

桃子は2曲めのSUMMER EYESからオリコンチャートの10位以内を続けていく。
3曲めの雪にかいたLOVE LETTERが好きで何度も聞いた。この頃はまだ
ベストテンを見れなかったので、ビデオにもないのが残念。

4曲目の卒業-GRADUATION-は3曲目ほど好きではないが桃子1番の
ヒット曲だ。5曲目はBOYのテーマという映画テラ戦士ΨBOYの主題歌です。
この映画は見に行きました。ルパン、ヤマト、999、STARWARS、スタトレ、
そんなSF好きな初のアイドル映画となりました。

有希子はリトル プリンセス、-Dreaming Girl- 恋、はじめまして(初オリコンチャート
トップテン入り)二人だけのセレモニー、Summer Beachと順調にスマッシュヒットを
続けていきました。今みたいに情報が多いわけでなく、特に田舎に住む者には
やはりTVが1番のメデアなので、どの番組に出るのか特に調べる用になりました。

当時使用していたビデオはBetamaxSL-HF900なので画質てきには問題なかったが
テープがまだかなり高かったのでそんなに残していない。
今思うと将来の希少性をもう少し考えて投資すべきだったと思うが
いかんせん小遣いてきに無理だった。

50代サラリーマン ブログランキングへ

宏美ファンヒストリーLAST

今も岩崎宏美の出ている番組は確かに見てはいますね。
いつから離れたのか考えてみたけど、やはり一番大きいのは
結婚して益田宏美になった頃から大きく離れたとおもう。

たしかに今はまた岩崎宏美として活動してはいますが、、、
45週年あたりに紅白でも良いかなという感じで
頑張って欲しいです。

岩崎宏美の歌手生活40周年記念として2015年に出た第67弾シングル
光の軌跡が最新曲です。

おニャン子クラブ全盛期のころ聖子と明菜、キョンキョンとかは
凄いなあと思っていたが、どうしても新しくデビューした新人に
ばかり注目する癖は変わっていなかった。

奇しくも全く同じ日にデビューした新人にピンときて応援し始めた話を
次回から書いていきたいと思います。

桃子と有希子。

宏美ファンヒストリー2

段々曲が好きでなくなりつつありますが買い続けている。
1987年最初の恋人たち、風の童話集/ラスト・クルーズの2曲のみになり
寂しい、オリジナルアルバムもよくばり1枚のみ。

ここ2年ほどはおニャン子クラブや聖子、明菜、今日子を主に聞いていたので
そんなでもなかったが正直気にはしていた。

1988年聞こえてくるラプソディー、未成年の2曲のみだが結婚して
益田宏美になり、紅白で披露してそれがラストになった。その後一度も紅白には
出ていないのが残念です。

この年に出したオリジナルアルバムはMe tooのみ、そして此後は益田宏美名義
になります。

次にヒロリンのことを書く時は現在まで一挙に行こうと思います。フェイスジェル

宏美ファンヒストリー1

1983年からのヒロリンは2曲続けての京平SOUNDです。素敵な気持ち、真珠のピリオド。
どちらの曲もさすが京平さん。ナカナカいい感じです。

しかしこの後の32弾シングル家路がマドンナたちのララバイのあとを受けてヒットする。
火曜サスペンス劇場の主題歌は第5弾まで続けて歌うことになりますが自分的には
この曲がいちばん好きです。

この年はオリジナルアルバムが私・的・空・間のみと少し寂しい結果ですが、十分に
京平さんの曲が満喫できます。

そして1984年は20の恋、未完の肖像、橋、の3曲です、この後半年空きます。
オリジナルアルバムは第14弾I WON'T BREAK YOUR HEARTのみ。
曲のタイトルすべてが横文字です。

1985年は決心/夢狩人(両A面)月光、25時の愛の歌。アルバムは戯夜曼(ぎやまん)cinema。
3年ぶりの年2枚ですが、好みではなく2回ほど聞いて終わりのパターン。

1986年は好きにならずにいられない、小さな旅、夜のてのひら、の好きでないパターンの
きょくばかり。アルバムも1回聞いておわりのわがまま1枚。

フェイスジェル

おニャン子旋風2

1986年春からようやく念願の夕やけニャンニャンを見ることが出来る。
と思ったらいきなり中島美春、河合その子の卒業という、びっくりな放送から
見ることになった。

コノ後も合格、卒業の繰り返し。
かなり活動期間が短い。その後買ったCDは結局ヒットしたものばかりだけど、
1年の30週ぐらい誰かが1位を取っているような感じの凄さだった。
この年の後半はもう人気の陰りが出てきた感じでした。

W渡辺、工藤静香、生稲晃子、吉沢秋絵、斎藤満喜子あたりまでは
良いなという感じで見ていたけどなんと次の年の春あたりでNO.52で
終わってしまった。

トータル1年ぐらいしかTVで見れなかった。
その間誰がデビューしていたのか殆ど記憶にない。

おニャン子旋風1

本当におニャン子クラブの勢いは凄まじかった。
雑誌などにも取り上げられ音楽番組にも出るようになりようやく
メンバーと名前が分かるようにはなってきたがやはり肝心の
夕やけニャンニャンを見ることができないのが残念。

新田恵利、中島美晴、国生さゆりの三人が初期メンバーでは群を抜いて
いてNO.12の河合その子からがオーディション式で選しつされたらしいが
その様子も1度も見たことなく過ぎた年でした。

その河合その子が初のソロでデビューしてからはほぼランキング独占。
他のアイドル売れにくい状態だった。

聖子や明菜は別としてアイドル不毛の年でしたね。
自分はいつものパターンでタイプか曲かでシングルを買うという感じでした。

その子、うしろゆびさされ組が最初の押しでしたね。
そして次の年の春からついに地元の局でも夕やけニャンニャンが
放送される事になったんです。

1983年から1985年まで

1985年のおニャン子クラブまでの自分の聞いていたアイドルを
駆け足で羅列していきます。

中には現在も活躍されている人もいますね。
1983年デビュー組では伊藤麻衣子、岩井小百合、大沢逸美、太田貴子
河合美智子、桑田靖子(Fリクでゲスト出会いました。Uが)武田久美子、
徳丸純子、松本明子(今も有名)森尾由美、ルー・フィン・チャウなど。

1984年組では宇佐美ゆかり、倉沢淳美、沢口靖子、少女隊。
1985年組では網浜直子、石野陽子、井森美幸、工藤夕貴、佐野量子
若林志穂など結構たくさん聞いていたんですが、

この1985年からのおニャン子クラブの大旋風でアイドル不毛の時代が
来る。自分は全然分からなかった。

やはり夕やけニャンニャンが放送していないのが田舎の最大の嫌なところで
本や話でしか情報がなく寂しさが募った。

1982年パート2

後に花の82年組と呼ばれる事になるアイドル大量デビューの年でした。
正確には1981年10月デビューした松本伊代を入れていいかは?だけど。

そんなわけで聖子やTOSHI、マッチなどまさに80年代アイドルの全盛期。
3月21日に三田寛子、堀ちえみ、小泉今日子の3人が、4月21日に
早見優、石川秀美。そして5月1日に中森明菜がデビューした。

5月5日にはシブがき隊もデビューしています。
今もTVやCMで活躍していますね。



自分は当時聖子のシングルとヒロリンのみと言う感じでしたが。
タイプ的には断然明菜押しでした。例の近所の音楽仲間のMは
秀美押しでしたが二人共良いと思ってシングルを買ったのは
小泉今日子でした。松本伊代はデビュー曲から4作続けて京平SOUNDでしたが
 
曲は好きだがどうしてもたいぷでなかった。なんかここまでで完全に自分のタイプが
バレていますが。人それぞれなのでMとも殆ど合わない。

もう一人音楽仲間にUと言う従兄弟の方は初めは自分の影響でヒロリンファンだったが
この頃は八神純子ファンだった。

色んなタイプの仲間がいることでシングルの貸し借りなどで色々楽しめるように
なった。MもUもカメラが好きでその趣味でもライバル意識が有った。
年賀状ポストカード販売促進プログラム

1982年パート1

1982年はヒロリン最大?のヒット曲がでた~。
檸檬に続く第28弾シングル聖母たちのララバイこの曲は
自分は一度も見たことのない火曜サスペンス劇場のエンディングテーマだったんですが。



ヒットしてシングル化されて初めて知ったという曲でこんなにヒットするとは信じられなかった。
確かに曲はいいが詩の内容が大きすぎてついていけなかった。
年賀状ポストカード販売促進プログラム
ヒロリンファンとしては曲がヒットするのは嬉しかったがまだ少し入れ込めなかった。
オリコンチャートで1位になりNHK紅白でも歌ったがやはりそうなれば次の曲も
そこそこと行きたいが思い出さないでがやはり今ひとつだ。

アルバムは2枚、夕暮れから...ひとり、Love Letterのどっちもそこそこ。
そんな感じでこの年にデビューした大量のアイドルへ完全にシフトしていきます。

素人PPCの法則

1981年

この1981年は色々有った年ですが自分とヒロリンのファン度が大きく下がった年でした。
何と言っても出る曲出る曲が好きではなく、胸さわぎは良かったが草花シリーズ3部作とかで
恋待草、すみれ色の涙(ヒットした、紅白で歌う)れんげ草の恋。



全部タイプじゃない曲でこの年を境に聖子の方へ行ってしまった。
チェリーブラッサム、夏の扉、白いパラソル、風立ちぬ。
もう完全にSEIKOシフトです。

ヒロリンが好きでなくなった訳ではなく曲から離れた訳です。
SEIKOのアルバムもようやく全部揃えました。

ヒロリンのオリジナルアルバムもサルビアというわけで草花シリーズでした。
1回か2回しか聞いていない。



この年はついに一眼レフデビューしました。オリンパスのOM-1N。
本当は2Nが欲しかったんですが高すぎて届かず。

レンズは50mmF1.8とシグマのズームレンズでした。
今日はヒロリンの誕生日ですね。
おめでとうございます。

1980年から1981年へ

1980年はライブアルバムを2枚も出していてこっちの方がいい。
シンフォニーと岩崎宏美リサイタル宏美・22才の愛。
コンポも揃いつつ有ったので、聴き応えがちがう。

コンポが揃ったあとは過去のライブ盤も聞き直した。
シングルやアルバムもいいけどヒロリンはライブ盤がいい。



しか~しこの年は何と言っても80年代を代表するスター
松田聖子がデビュー。

その後現在までの活躍はもう凄いわけです。

この年は裸足の季節、大ヒット曲の青い珊瑚礁、風は秋色と
完全にSEIKO一色になりました。

自分もこの後ずっとシングルを購入していく事になりますが初めて
年下のアイドルのファンになったことが事件だった。



そして1981年元日に発売された胸さわぎでこの年がスタートです。


1980年

時代は1980年、この年は第19弾シングルスローな愛がいいわでスタート。
凄い音域の広さがいる曲で久々の京平SOUNDです。次の曲も京平SOUNDで女優
こっちの方が自分的には好みで結構な回数再生しました。



次の曲は両A面?の銀河伝説/愛の生命ですが、
このシングルはヤマトよ永遠にの曲です。この映画はもちろん見に行きましたが、ヤマトや
999など松本アニメは殆ど見ていた流れから行っただけです。

また機会があればアニメ列伝も書きたいと思う。
同じ日に出た9枚目のオリジナルアルバムWISHは全曲筒美京平SOUNDです。
何か好みの曲がなくてそんなに聞かなかった。

秋に発売された第22弾シングルは本当に好きな曲の一つの摩天楼なんですが、
出だしからとにかくカッコよく何回聞いたか分からない。この年の紅白に妹の良美と姉妹で出場。

買ったばかりのBetamaxで録画したがどこへ行ったか分からないのが残念。





エンターテインメント ブログランキングへ

1979年

1979年はシングル3枚、アルバム1枚、ライブ盤1枚。少し少ない。
16弾シングル春おぼろ京平SOUNDです。

ジャケットの写真が特にお気に入りの1枚です。オーディオはもちろん好きですが
写真も好きです。この時代はもちろんデジカメは無いのです、特に一眼レフカメラが
あこがれでした。なのでこんな写真はどう頑張っても無理だな。

イントロも好きでした。そして夏。阿久悠も筒美京平もどちらも関わっていない初の曲
夏に抱かれてが17弾シングルで発売。



そして何と言ってもこの年はこの曲でしょう。イントロから抜群な18弾シングル
万華鏡後に変な声が入っていると言われたことで話題にもなった。

この曲も代表曲の一つでしょう。アルバムは10カラット・ダイヤモンドのみです。
出だしのスリー・カラット・ダイヤモンドが6分を超える長い曲ですが長さを感じさせない
スピード感、素晴らしい歌唱力、最高の曲の一曲です。

ライブ盤はタイトルが変わりライブ&モアになりました。


1978年から

1978年は2月発売の二十才前からスタートです。
春っぽい曲でまたすこしいい感じのノリの出来です。

そしてオリジナルアルバムもそのままのタイトルの二十才前・・・で発売です。

第13弾シングルあざやかな場面経て第14弾はこれも代表曲のひとつの
シンデレラ・ハネムーンなんかコロッケのものまでで有名になったような
感じもしますがさすがに筒美京平SOUNDです。この後の15弾シングルさよならの挽歌
も筒美京平SOUNDです。



しかしこの年の最大のイチオシは何と言っても7枚目アルバムパンドラの小箱ではないでしょうか。全曲京平SOUNDです。いい曲ばかりい今でも最高のアルバムだと思っています。
出だしの媚薬、パンドラの小箱、そしてピラミッド。B面のLなど全曲推薦曲。

何しろ自分の持っているLP、CDの中でも一番聞いたアルバムで何百回聞いたか分からない。
後にコンポで聞いたときの感動もいまだに覚えている。

ライブ盤はラブ・コンサート・パート2。

1979年もいい曲いっぱい。





エンターテインメント ブログランキングへ

1978年へ

とにかく思秋期が嫌いでした。
大ヒットしていまだに代表曲の一つですが。



結局いま思えば筒美京平ファンだったんだな。
この年オリジナルアルバムは2枚出しています。
ウィズ・ベスト・フレンズと思秋期から…男と女です。

どちらのアルバムにも好きな曲がありますが。
ウィズ・ベスト・フレンズからは学生街の四季、コンサート、
愛をどうぞ、さよならそして自由へ。

思秋期から…男と女からはランボルギーニが消えて、チェイス
が良いです。このアルバムは阿久悠が全曲作詞ですね。



スーパーカーブームだったんですね。1度だけ家の前を走っていく
LP400をみたことがありますが、とにかく車高の低さがすごかった。

この年のライブ盤はタイトルが変わり、ラブ・コンサート・パート1
〜新しい愛の出発〜になりました。

そして1978年へ

アンケートモニター登録

1977年から

1977年はもう完全にピンクレディーの年です。(次もその次も)
カルメン’77,渚のシンドバッド、ウォンテッド、そしてUFO.
破竹の勢いとはこの事。ピンクフィーバーでした。

岩崎宏美は1月に想い出の樹の下でを発売。
実はこの曲もB面の方が今も口ずさんでいる、わたしの1095日と言う名曲です。



ヒロリンはとにかくB面もいい曲が多いのです。自分的には 私たち パピヨン
わたしの1095日 この3曲はA面でもいいほどの出来だと思う。

そして4月には第9弾シングル悲恋白書が発売。
この曲はこの年のNHK紅白で歌われることになります。初めて筒美京平から
離れた曲でもあります。たしかにイメージも変わってきた。

次の曲はタイトルが熱帯魚という完全夏バージョンです。
出だしから完全に学生の自分には少し刺激が強かったのを覚えています。
大人へ向かって変わっていくところです。
フェイスジェル
しかし次の曲でさらに変わっていく訳です。大ヒット曲思秋期です。
その時の自分はとにかくこの曲が好きではなく数回聞いて終わりでした。


そして1977年へ

この1976年は今も好きな未来とドリームそしてB面のパピヨンなど好きな曲が多い年でした。
この年の終わり頃の12月にロマンティック・コンサートII〜ちいさな愛の1ページ〜という
2枚めのライブコンサートのアルバムが出たのですが前年に続くライブアルバムは未だ一度も
ライブ体験のない自分には素晴らしいものでした。



正直安物の電蓄なのでそこそこのライブ感ですが雰囲気はわかります。
今ならブルーレイディスクですが、音だけでも十分です。

当時はライブが出るだけでもすごかったと思いますが生でコンサートへ行くのはもう少し
先になります。

自分の住んでいる地域では当時毎年、年末近くになると商店街での買い物で貯めたポイントで
コンサート入場券がゲットできる。というのが有りました。
フェイスジェル
しかし会場は近くの中学校の体育館にゴザをひいた物でした。
今はもう無いですが当時は芸能人を間近で見ることが出来るのはここだけでした。

初めてアイドルを間近見たのは前年(1975年)の桜田淳子です。
凄く輝いていました。帰りにゆれてる私を買いました。

この年は山口百恵だったんですがなんか記憶が薄い。
そして1977年へ。

1976年

今も少し応援している岩崎宏美の話にスリップ!
1976年8月に発売されたのは霧のめぐり逢いですが、
この曲は長い間シングルのみでアルバムには入っていない曲でした。後のCDの時代にようやく
入れてもらったという不遇に曲ですが個人的にはかえって好きだったりする。

そのすこし前に飛行船という3枚目のオリジナル
アルバムが出ているんですが、このアルバムの中ではケン待っててあげるが1押しかな。

そしてこの年は何と言っても大ブレイクしたスターが夏にデビュー。
ピンクレディーのペッパー警部。そしてS.O.S。これはすごいスターが出てきたなと思った。

その後の活躍はとにかく素晴らしかった。ヒロリンの方は第7弾シングルドリーム発売。
そして2回めの紅白はファンタジーでした。
フェイスジェル

アイドル好きを止め無いために

後1ヶ月半は診断書が出ているので、その間に色々やろうと思う。
ブログを始めたは良かったがまだまだ勉強中です。何しろ写真がないので
載せれない。正直載せ方も分からないので色々調べてみます。

スマホもデジカメも無いので何とかしたい。
この古いPC(9年目)もいつダメになるかわからない。
とにかく今、全く余裕がなくて経済的に苦しい。

正直アイドル好きばかりでは駄目なのだが何とかしたい。
家にいても稼げるように色々調べています。
ネットでビジネスが出来ればまた好きなことにつぎ込める。

軍資金が全く無いので未だ何もできないが金の掛からない範囲で
準備はしている。

このまま今の職場に復帰出来無い可能性が大きので頑張るしか無い。

アイドル好きを続けるために。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

アイドル好きは止められない。

何故このブログを始めたのか。
一番の理由は50代もそろそろ後半を迎え、仕事は順調にやっては来たが
左足の膝が少しづづ痛くなり、ついに痛くて我慢できなくなったからです。

変形性膝関節症との診断で手術を受ける方が良いということになり
現在自宅療養中です。確かに今後のことも心配ですがとにかく休もう。

ずっと家にいて仕事以外の事を色々考える余裕ができたときにこの際だ、
自分の過去を残してみようからスタートしたのが始まりです。

今も昔も未来もアイドル好き。アニメ好き。オーディオ好き。カメラ好き。
麻丘めぐみ、林寛子、岩崎宏美、ピンクレディー、松田聖子、中森明菜、
etc.そして今はAKB48グループ好きです。



家ではいい年してまだアイドル聞いているのかと散々ですが、
これだけは止められない。



ファンタジー 未来

岩崎宏美2枚めのアルバムファンタジー発売。
このアルバムは変わっていてDJ糸居五郎との番組を聞いているような作り方に
なっていてびっくりした。曲の頭と尻がフェードイン、フェードアウトしている。
楽天ポイント
その為どうしてもDJ無しの完全版が欲しくなった。生の宏美の喋りが聞けるのは良かったけど。
DJ無しのは当時カセットテープ版だけだったようなきがする。



中でも愛よ、おやすみとひとりぼっちの部屋の2曲は特に好きで何十回も聞いたなぁ。
ライブアルバムを含めて早くも3枚目。良いコンポが欲しくなった頃。



第5弾シングル未来発売。横文字タイトル
終了。イントロが特に好きな曲で今でも口ずさんでいる。

センチメンタル

センチメンタルは次の年(1976年)第48回選抜高等学校野球大会の入場行進曲に
なったりと凄く嬉しかった。音楽仲間のM押しの太田裕美は木綿のハンカチーフが
大ヒットしてWひろみみたい感じでしたがこれも考えてみたら筒美京平が凄い。



岩崎宏美も太田裕美もデビューから数曲は作曲者筒美京平なわけで
ある意味筒美京平ファンと同じみたい感じですね。

初めてのアルバムあおぞら感動。
4曲目のシングルファンタジーが年明けに発売。
楽天ポイント
この曲はB面のパピヨンが素晴らしい。今でも口ずさんでいる。名曲。



岩崎宏美デビュー

いつものようにスター誕生を見ていてこれはと言う曲に出会った。
あなたお願いよで始まる、ロマンスを歌う、
岩崎宏美です。完全にハマってしまった。その後現在もファンを続けている。

ロマンスを購入後にデビュー曲の二重奏(デュエット)を購入するということを
やってしまう訳です。

この曲は本当にヒットしたけど殆どの新人賞は細川たかしが受賞。
まだまだ演歌が強い時代でした。紅白歌合戦も紅組のトップでしたね。



残念ながらまだβビデオは出ていた(SL-6300 22万9800円)
大人でもかなり高いと思う。VHSはまだ無い。

ので録画で残すことは考えてもいない。ビデオ購入までこの当時の
映像は一切無いわけです。



3曲めのセンチメンタルは特に17才と言うフレーズが未だにリズム付きで
残っている。
楽天ポイント
この2曲は1位になる訳だが自分的にはロマンスのB面の私たちが特に
推薦です。


また張り合ってしまった。

1975年に入った頃、また近所アイドル仲間Mに家へ行ったとき。
この曲はどうだと何回も聞かされた曲。何しろ自分よりも遥かに良い音の出る
STEREOという物を持っていたのでみんなよく聞こえる。

いつもこんな感じで自分の一押しを聞かされる。
この時大音量で聞かされたのが太田裕美の雨だれ
確かに悪くないけどタイプじゃない。

またヤツのいつもの癖だかそれには乗らない。
半年間の休業後のなんか暗いというか大人のめぐみから少し離れてしまっていた。

その時の自分のイチオシは木枯しの二人だったわけだが曲が好きで
伊藤咲子がそこまでファンという訳でもなく、いい曲をシングルで買い。
その他はカセットテープに落として聞いていた。



そんな感じのアイドル好きぐらいの感じでした。
そして1975年の中頃。




初めてのシングル

林寛子のほほえみの次にようやく麻丘めぐみのシングルを買い。
その後約2500枚のシングルの殆どがアイドルの曲になっていくわけです。



LPの方も林寛子が初で2枚めが麻丘めぐみのBESTでした。LPはシングルより少なくて
2000枚ぐらいですがその後はCDになっていくわけです。



その後殆どの曲はFMエアーチェックでコレクションしていきます。
NHKFMのリクエストアワーに毎週はがきを書いていましたが、
流石に3時間を超える録音が大変でした。

FMは音がいいのと、Fリクは最初から最後までフルに掛けてくれたので
コレクションには最適だし、アイドルの押しにはよかった。

結局色々な曲をコレクションしていきます。
それでもいい曲はシングルで買いました。



そして1975年今も影の一押しの歌手がデビューします。




AKB48グループイチオシの

中井りか姫がスカパーのドラマに出るそうです。
11月の下旬なのでまだまだ先ですが。

AKB48グループのファンになったのは宮澤佐江から
だったわけですがつい最近までファンでした。

タイプ的に前田敦子、大島優子は違うし今で言えば
指原莉乃もタイプじゃない。なんだろうトップじゃなくて
頑張っている感じの子がいいのかな?

とりあえずは新曲応援するぞ。

長い休業が色々なアイドルへ

まさか麻丘めぐみが半年間も休業するなんて。
TVの露出が減るし新曲はでないし。

そのことがきっかけで色々な曲を聞くことになるのだ。
近所の音楽仲間のM君は相変わらず沙織押しだ。
しかしどうしてもタイプじゃない。曲はいいけど、

段々他のアイドルも気になりだしてきた頃ようやく
レコードが聴けるようになった。電蓄タイプの一応ステレオで
スピーカ分離タイプのもの。

レコード屋に行ったのは良いが初めて買ったレコードが一目惚れ
してしまった林寛子のほほえみでした。


エンターテインメント ブログランキングへ

ときめきの衝撃

1974年1月シングル第7弾 ときめき 発売。
当時の自分にとってはかなり衝撃的な歌詞でした。

半年後に発売される山口百恵 ひと夏の経験と内容的には
近い訳でその頃から性を特に意識するきっかけになった。
作詞者が同じ事に気づき作曲者も合わせて気になるようになってきた。

麻丘めぐみは筒美京平、山口百恵は都倉俊一。
そんなイメージでしたね。

当時通っていた学校ではアイドルファンの派閥みたいのが有って
キャンディーズ派 淳子派 百恵派 の3大派閥に分かれていた。

自分はめぐみなので当然孤立していた。
更に近所の一番の音楽仲間は南沙織押しで遊びに行くたびに17才とか
傷つく世代を聞かされていた。

凄いのは筒美京平なんだ。(今もそう思う)
淳子も百恵も凄いけどめぐみ押しなのは変わらなかった。
しかし。半年間も休業することになりTVの露出が減ってしまう。印刷のことなら格安・激安の印刷通販【ラクスル】

現在 過去 未来

過去から一挙に現在へ 何人ものアイドルファンを経ていざ現在は、、、
数年前からAKB48グループにハマっています。詳しいヒストリーは追々話します。



きっかけは宮澤佐江ファンから始まったんですが現在はイチオシが誰かというのは
特になくて何人かがタイプみたいな感じです。



今一押しなのは中井りか姫です。娘が一押しで自分も一緒に応援し始めた訳です。
単純。10月6日のオールナイトニッポンを録音して聞いてますますファン化して、

同日発売のヤングジャンプ(45号)を購入。昔みたいに切り抜きはしませんが
保存版です。NGTは全く分からなかったけどとにかく一人は押しです。

新曲(ハイテンション)では初の選抜。ジャンケン大会で初披露良かった。


売れるネットショップのヒント満載!店長8人の成功レポートとは?









もちろん何度も繰り返し見ましたが曲もいいので応援します。
印刷のことなら格安・激安の印刷通販【ラクスル】
AKB48グループのファンヒストリーも追々書いていきます。

そしてブレイク

森を駈ける恋人たちを経てついにわたしの彼は左ききがブレイクします。
この曲については何も言うまでも無くいい曲なんですが、TVでかなり見ることができて
その辺が一番良かったのかな。自分は右利きなので少し残念!しかし。



左利きになろうなんてはかんがえなかったなぁ。1973年当時ようやくラジカセを購入。
次はレコードプレーヤーが欲しい。シングルレコードが欲しい。



いつかオーディオヒストリーを書いてみます。

とにかくこの曲は1番の代表曲には間違いないわけです。その時は作詞作曲者が誰とか
全く興味がなかった。(興味をもつのは数年先)

















TVのチェック、雑誌のチェック、切り抜き(下敷きに挟んでいた)そして衝撃が。
ときめき発売。1ヶ月短期集中!WebCamp

最初のアイドルは芽ばえから

ラジオで聞いてTVで見るというのがその時できる精一杯でした。曲を気に入りルックスを気に入りお姫様カットも
好きになりました。アイドル雑誌を買い始めたのもこの時からです。有名な月刊誌は2冊有って
両方ほしかったのですが当時の小遣いでは1冊でもやっとでした。



つぎに欲しくなったのはレコードでしたがまだまだ無理でした。そして2曲めの 悲しみよこんにちはが
出たんです。この曲はタイトルからその時の自分にはかなり大人の歌詞でした。殆どお年玉だのみで
次に欲しいのはレコードプレーヤーと目標が定まりました。



3曲めの 女の子だもんはかなり好きになりました。途中にある ルル の歌詞のところが
なんだか好きだった記憶があります。





1ヶ月短期集中!WebCamp

50代のアイドルヒストリー

初めてのブログです。自己紹介  50歳を過ぎて未だにアイドル好き。

今まで色々なアイドルを好きになりました、初めて意識したのは中学生になってからと
すこしおそかったです。きっかけは小学6年生のときに買った、ラジオからです。
中学入学の祝いです。





机に向かっている時は殆どつけっぱなしのながら族だったわけですが、そのときに
流れてきた曲がアイドル好きになるきっかけだったわけです。



もしもあの日 あなたに逢わなければ と言うフレーズが凄く耳に残りこの曲を
歌っているのは誰? 
凄く気になってしまって調べたわけです。



テレビで見るのも今みたいにはいかない。ビデオも無い。結局友達に聞いて教えてもらった。
麻丘めぐみ そこから現在まで続くアイドル好きが始まったのです。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。